中川自然坊窯LINE公式アカウント
LINE公式公式アカウントでは中川自然坊窯の最新の作品情報をお届けします。

中川自然坊窯のこだわりObsession Nakagawa Jinenbo kiln

中川自然坊窯

中川自然坊窯 唐津焼の通販はこちら

中川自然坊窯 唐津焼の通販はこちら

自然坊窯の作品は土作りから窯焚きに至るまで全て手作業で行われています。

そのために大変な手間ひまがかかりますが、同じものは2つ無く
全てがそれぞれ、唯一無二の価値ある焼き物になっております。

また、土を始めとして素材も極力唐津のものを使用しており、
400年の歴史や伝統を承継していくつもりで作陶しております。

素材

私の使う自家製粘土の特徴として粗目で鉄分が多いため、釉薬との相性により発色と質感が豊かで、釉薬の上からでも豪快な土味を見ることができます。

成形・焼成

反面、成形・焼成時に一般的な粘度より不安定(割れ・へたれが発生しやすい)なため、器の形状によっては作ることが困難なものもございます。

特徴

先人たちが材料の手に入る場所でその材料に合わせた焼き物作りをしたことで、産地ごとの特色が生まれたように、この自家製粘土に合わせて作陶するため、自ずと自然坊窯らしい厚みとシンプルな形状に落ち着きました。

また作品の仕上がりに影響する部分は出来るかぎり手作業としており、作品にも片影されていることと存じます。大量生産の産地においては、分業制で多数の職人により効率的に同等品が制作されますが、唐津は作家が一貫してすべての仕事を手掛ける故の個性、素材へのこだわりに重きを置いています。そのような作家が作った作品は、一点物でなくとも、たとえ数物の食器であっても同じものは一つとしてありません。

素材

私の使う自家製粘土の特徴として粗目で鉄分が多いため、釉薬との相性により発色と質感が豊かで釉薬の上からでも豪快な土味をみることが出来ます。

反面、成形・焼成時に一般的な粘土より不安定(割れ・へたりが発生しやすい)なため、器の形状によっては作る事が困難なものもございます。

先人たちが材料の手に入る場所でその材料に合わせた焼き物づくりをしたことで、産地ごとの特色が生まれたように、この自家製粘土に合わせて作陶するため、自ずと自然坊窯らしい厚みとシンプルな形状に落ち着きました。

時間・手間

また作品の仕上がりに影響する部分は出来る限り手作業としており、作品にも反映されていることと存じます。

大量生産の産地においては、分業制で多数の職人により効率的に同等品が制作されていますが、唐津は作家が一貫してすべての仕事を手掛ける故の個性、素材へのこだわりに重きを置いています。そのような作家が作った作品は、一点物でなくとも、たとえ数物の食器であっても同じものは一つとしてありません。